インドネシアからパーツ届いた

インドネシアからパーツ届いた。

今回購入したのはBRT JUKEN 5 、ハンドルレバー、純正のインナーシェラウド、シェラウド固定の純正ボルトとか。

今回もいつものインドネシア人の子に代理購入、発送を頼んだ。
今回は3ショップ、5アイテムくらいの予定でRp500,000(約3,700円)で頼んだ。でも結局は6ショップで買うことになった。申し訳無いから送料振り込む時Rp200,000くらい多く振り込んで、余った分をあげた。Rp700,000(約5,200円)。
それと今回はBukalapak、Tokopedia、Shopeeなんかで売ってない純正パーツがあった。

インドネシア人の子はディーラーで働いてる子なんだけどお店にもホンダにも在庫無いって言うからグーグルマップでHonda partsとか検索してお店を探した。
Honda parts – Google マップ

出てきたお店何カ所かにWhats Appで在庫確認と代行してくれる子の住んでる町まで発送してくれるか聞いた。在庫有って、発送してくれるってお店があったからそれを代行してくれる子に伝えて注文してもらった。支払い方法はTRFって言われた。TRFはTransferの略で銀行振込の事だって。

それとBRT JUKEN 5はブカラパック、トコペディアなんかでメーカーのBRTがやってるお店で注文した。
BRT JUKEN 5 Racing Proにはヒストリボタンがセットの物と、クイックシフターボタンがセットの物があって、でもボタンの色が違うだけに見えたからお店に聞いてみたら違うボタンだって言われた。Rp.50,000(約400円)プラスすれば二つボタン付けるって事だったから要らない機能だとは思うけど一応付けてもらった。

代行の子の所に商品が届いて写真を撮って送ってもらって見てみたら、ショップに載ってる画像よりもケーブルが1本増えてた。
JUKEN 5は2個買ったんだけど付いてきたボタンの色が片方は緑が2個、もう片方は赤と緑だった。ソケットの形も1組だけだけど片方違ったwでもまぁ大丈夫でしょうと思ってそのまま送ってもらった。

BRT JUKEN 5 Racing Pro CRF150L

全部商品届いて発送してもらったんだけど、今回は今までと違ってEMS送料が3割、4割上がっててますます送料が高くなった。3割、4割一気に値上げになるなんてひどい。
送料はRp.2,600,000(約20,000円)。

Check Tarif
POS indonesiaのサイトで送料計算出来る。ke:の方にjepangって入力するとJEPANG,NEGARA,JPっていう選択肢が出てくるからそれを選ぶ。それが日本。Dari:はインドネシアの適当な都市名を入力して出てきた選択肢を適当に選べば良い。3割、4割くらい値上げになったと思う。かなり厳しい状況になったかな。
あと送料計算すると「EMS」の他に「PAKETPOS CEPAT LN」っていうのも出てくる。そっちの方が2割くらい安い。「PAKETPOS CEPAT LN」でも発送出来るならそうしてもらおうと思う。

インナーシェラウドが大きいし変な形だから大きな段ボール箱に入れる事になったからしょうがないかな。でも国内のバイク買った店なら5,000円台だったから大損かな。まぁ他のパーツも買ってるから良いけどそれでも高くついたかな。でも納期3、4ヶ月って言われてたし。

送料が上がった事、オンラインの販路持ってないショップから買う事はそのうちインドネシアからバイクパーツ買う方法まとめた記事に追記する予定。
インドネシアからバイクパーツを購入する方法 – cat1234cat

BRT JUKEN 5の事も今回分かった事を追記する予定。
BRT ECU JUKEN 5 購入検討のメモ – cat1234cat

広告





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。